スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP 6月7日レポ

吾郎:こんばんは。SMAPの稲垣吾郎です。まずは、オープニングの呟きメッセージをご紹介しま~す。
神奈川県にお住まいの、ユキさんですね。
『え~吾郎さんこんばんは。今日セブンイレブンでカタログをいただきました。吾郎さんのセレクトから、トマトが苦手なんですが、え~~ジュースと、ケーキを自宅用に申し込もうと思っています。…え、吾郎さんはSMAPメンバーを贈られるとしたら誰から何を贈ってほしいですか?』
う~ん、そうだな。メンバーの誰かからお中元…。中居くんから、お金。商品券とかどうですか?なんか、ね、結構お金を稼いでいそうなので。う~ん…まぁそれはこの番組らしからぬ発言かな~って、ところも、考えられるので、ま、もひとつ発表すると…そうだな。お中元ねぇ~、なんか、でもそういえば中居くんからお中元って話で今思い出したけど、結構中居くんって、物をたまにメンバーにくれるんですね。3年に1回ぐらいなんですけど、自分が使っててすごくいいなぁ~って言うものを、4つ買ってきて、メンバーにあげる。なんかポイントカードを貯めたいっていう噂もあるんですけども。すごいたまってるんですよね、中居正広のポイントカードって。噂によると。うん。…まぁまぁまぁまぁ、でも、メンバー同士のお中元、ねぇ、こう~贈ったり贈られたりっていうのもすごい新鮮でいいかもしれませんし。何よりもね、このセブンイレブンの今年、カタログの『夏ギフト』というキーワード、キャンペーンをやっているので、ね、皆さんもぜひ、SMAPお勧めのものを商品をお買い求めなって、お中元とか、なんかそういう大人のね、うん。そういった~なんかものもいいんじゃないかなと思って。お中元なんか大人ですよね。贈ったり贈られたり。贈られる方も嬉しいですし、贈る人も気分いいですし。子供の頃にはないけれどもね、なんか大人になってからそういうことってなんか、なんか大人になった証って感じもしますしね。好ましいんじゃないでしょうか。
それでは『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』、今夜も30分間お付き合いください。

吾郎:はい、え~まずは『SMAPな時間』から。え~このコーナーでは、稲垣吾郎とSMAPのお仕事のお便りをご紹介します。これねぇ、ラジオやってるから、僕の姿かたちっていうのはわからないんですけど、今日なんか春らしい格好してきたら、スタッフの方に、「それは寅さんを意識してるの?現代版の」って。全然~、ハット帽子、ハット帽子に~、この~そっか、ヘンリーネックのTシャツだけど~、あの着物の中に着るこういうのなんだっけ?地盤じゃなくて。ね、ね、汗とりみたいな。真っ白いこういうの着ますよね、ボタンがついてるTシャツですよね、ヘンリーネックみたいな。それを現代風の、結構最近僕が好きなチャコールグレーの、ロングのロングTシャツ、カットソーに、ねぇ、この春らしく、まぁ~天然素材の、この、ようするにストローハットみたいな、ハットをかぶってるんですけれどもね。確かに言われてみれば寅さんスタイル(笑)寅さんと僕は全く結び付かないでしょう。でも靴は意外と可愛いですよ、革の、コンビのね、エナメルの、はぁい。まぁ確かに夏らしい、ファッションで今日は、ね、あの~この文化放送に来ているんですけれども。さてさて、じゃあハガキ紹介したいと思います!
え~千葉県にお住まいの、ソノミさんからのお便りです。
『え~単独のストスマとってもいいですね。吾郎さんらしさが出ていて毎回き、聞き惚れています。え、先日NHKの『土曜スタジオパーク』で、『サラリーマンNEOスペシャル ヒデヨシ』の記者会見が放送されていました。NHKの冠番組の大河ドラマのパロディで、『超大河』!斬新でいいですね。今から~楽しみです!』
というお便りなんですけれども。『サラリーマンNEOスペシャル ヒデヨシ』、出演しまして。ま、オンエアはまだなんですけど。このNHKの『サラリーマンNEO』っていうのはね、ず~っとやってる番組で、人気番組なんですけれども。ま、今まで~SMAPのメンバーで言うと香取慎吾くんがゲストに出たりもして。で、今回スペシャルということでね、僕が、あの~お話があったんですけれども。た~のしかったですねぇ~。オンエアもすごく楽しみなんですけれども~、まぁNHKのコント番組と言うかバラエティ番組なんですよね。ま、やっぱ民放のスマスマなんかのコント番組とは違って、大河ドラマ並みのこうクオリティで、ね、技術にしろ、美術にしろ。も、ホント大河ドラマを撮ってるようなこう~照明であったり衣装であったり。ま、そういったクオリティで、コントをやるって言うのがなんかすごく斬新ですよね。まぁあとは出演者もバラエティでコントをやるお笑い芸人の方とは違って~、ホントに、舞台に役者さんであったりとか、演技をちゃんとできる俳優さんを集めて、コントをやるって言う。ま、そんな中で、ちょっと秀吉の役をやって、あとはま、サラリーマン役のコントと2本立てになってるんですけれども。いやぁ~とにかくこの~なかなかテレビではあまり共演することのない、俳優さんたちとの、セッションっていうのがすごく、刺激的で僕すごく楽しかったですね。また第2弾とかね、ホントに、お話しいただければ、是非挑戦してみたいなと思うので、え、皆さん是非、『サラリーマンNEO スペシャル ヒデヨシ』の方、楽しみにしててくださ~い。
続いて、え~鹿児島県にお住まいの、アヤさんです。
『はじめまして吾郎さん。『広島に原爆を落とす日』で、共演された、こぐれ修さんが、舞台の、お話をまとめてブログにあげてくださっています。え~吾郎さんの舞台は、『ヴァージニア~』が初めてだったのですが、こぐれさんのお話を見ていて、ものすごく『広島に~』を、見たくなりました。もしも再演のお話が着たら吾郎さん出てみたいと思いますか?ものすごくエネルギーを必要とする舞台だとは思うのですが、ぜひとも見てないファンとしては、再演が実現することを願ってやみません。え、この時の覚えている裏話があったら教えてください。』
というお便りなんですけれども。そうですね。ま、これはもう僕もよく~ね、いろんな雑誌のインタビューとか、うん、いろいろとこう自分もラジオなんかで、お話してる中でこの『広島に原爆を落とす日』の話って言うのは結構僕の口から出るので。ねぇ~、知ってらっしゃる方も多いと思うし、まぁもちろん、昔からファンでいてくれてる方は見てる方も、大勢いらっしゃると思うんですけれども。もうほぼ~、僕の~、ま、初舞台ではないんですけど~、初めて本格的に~ホントに、1カ月以上2カ月ぐらいの稽古を要して~、本番に臨んで、もうホントに燃え尽きたというか~いろんなものをこう自分の自身の中で勉強することのできた、自分のなんか転機になったような、きっかけになったような、すごく大きな作品ですね。『広島に原爆を落とす日』、これつかこうへいさん原作、もうお亡くなりになられてしまったんですけれども、ね、『蒲田行進曲』だとか~。草なぎくんなんかもね、舞台やってるんですけれども。まぁ日本の有名な~作家、劇作家先生ですね。映画化もされてますし、つかこうへい先生、が~お書きになった作品で、演出は、劇団新感線の井上ひでのりさんがされたんですね。だから、ま、つかさんの芝居に僕は出たことはあると言っても厳密に言うと~演出は受けたことはないんですね、うん~。つかさんの演出~、ね、お芝居って言うのを受けたことがある人はやっぱりすごく~それからなんか役者として、うん~、なんか変わっていく人って多いですよね。俳優さんで言うと阿部寛さん。阿部さんなんかもね~つかさんの芝居がすごくきっかけで、新しい面が開拓されたって本人もおっしゃってますし、女優さんで言うとね、たくさんいますよ~。最近で言うと石原さとみちゃんもそうですし~、ねぇ、昔は富田靖子さんとか~、こう~つかさんのお芝居から出身で、ねぇ、すごくこう~~成長されてる役者さんとかホントに多いですからね。メンバーで言うと草なぎ剛くんもそうですよね。『蒲田行進曲』を錦織さんと2人でやって。あれから草なぎくんのなんか~、今までなかったような面ってやっぱ出てきましたからね~。僕自身もそういった意味では、つかさん、つかこうへいチルドレンの1人なんじゃないかな~とは思うんですけどね。残念ながら演出は、ねぇ、あの~経験することはなかったんですけれども。やっぱりこの、作品って言うのは僕の中ではホントに大きな存在として今でも思い出の中で、刻み込まれていますし。ねぇ~、このあのホントにアヤさんのおっしゃる通り、是非、ホントに再演とかもね。またやってみたいなとは思うんですよねぇ~。ちょうど僕23から24歳にかけて、ちょうど2つやったんですよね、再演を含めて。うん、実際にこれはホントに広島の~原爆の~お話で、結構こう~深い思いお話でもあるんですけども~、ま、それを実際に広島~で、上演して、広島の市長さんとかも実際に観に来てくださったりだとか~、あとはホントに被爆された方とか~、そういった戦争経験者なんかも観に来てくださったりとかして~。なんかすごく僕の中では、なんか、印象に残っているし、なんかお芝居ってやっぱりいいなぁ~って、うん~、すごくそのしかも舞台って特にね、そういった現場で舞台をやるってことになんか喜びを感じることになったきっかけでもある作品なので。ねぇ、この作品をやることによって僕は今でもずっと続けてると言ってもホントに過言ではないので。ね、また、これはあの~ホントに年齢を重ねてもできるこのディープ山崎というね、ちょっと、あの~面白い役柄なんで、また是非、機会があれば~、再演ね、してみたいな~と思っていますので。はい。皆さん楽しみにしててくださ~い。
はい、以上で『SMAPな時間』でした~。

(BGM『さかさまの空』SMAP)
吾郎:さぁ今週の1曲目は、SMAPで、『さかさまの空』です。

 ♪『さかさまの空』SMAP♪

吾郎:今週の1曲目は、SMAPで『さかさまの空』でした。

吾郎:続いてはメンバーの情報満載、『メンバーとの時間』のお便りをご紹介しま~す。
まずは、ラジオネーム、プーさんです。
『木村くんが、お台場のガンダムに行って、吾郎くんと、2人はクレーンに乗ったんだけど、ギッシリとクレーンの枠を握りしめていたと、暴露しました。』
フッ(笑)
『え、クレーンはコンサートのリフター以上に怖かったですか?コンサートと違って明るいし遠くまで見えるから怖いですよね。え~ガンダム見学話と、もしあれば吾郎くんも負けずに木村くんネタを暴露してください!よろしくお願いします!』
というお便りなんですけれども。
(BGM『翔べ!ガンダム』)
お台場のあのダイバーシティーに、SMAPのメンバー全員で行って、あの~実物大の、等身大のね、ガンダムの模型が飾ってあるので、ま、それを僕がどうしても見たいということで、メンバー全員を連れて行くという企画だったんですけれども。ねぇ、ガンダムと言えば僕はもう大ファンなんでね、もうこれぜひ、み、メンバー皆を巻き込んで、見に行きたいな~と思って。しかもこうスタッフがですねぇ~、クレーンを用意してくださって。別に消防車とかについてるクレーンですよね。高さ何十メートルって上がる、クレーンで。実際にこのガンダムのコックピットやもう~ガンダムの顔の頭の高さぐらいまでクレーンで上がったんですけれども。ねぇ、自分で張り切って~ね、スタッフに用意させてもらったわりにはホントにもう怖くて。ねぇ、もう高所恐怖症~自分では高所恐怖症~~、ではないとは思うんですけどねぇ~。多分、メンバーの皆が、高いのがこうへいきすぎるんじゃないかなって言う。ま、でも~、若干高所恐怖症だとは思うんですけどね。どのくらい~~なんでしょうかね、高所恐怖症って多分、ホントにもう、ダメな人、ホントにダメな人っているじゃないですか。なんか、ただの怖がりなんでしょうかね?若干、高所恐怖症みたいなところがある。感じだと(笑)わかっていただけるんじゃないかなと。ねぇ。まぁスカイツリーも怖かったですしね、確かに。いやぁ~でも怖いですよやっぱり。人間がやっぱり怖いって感じる高さってちょうどホントに、地上20~メートルなん前後でしたっけね?確か。ガンダムの全長は17.5メートルってなってますもんね。いやぁ~、怖かったですね。しかも揺れてるしね~。なかなか、ちょっと、僕のビビってる模様が、これスマスマでオンエアされると思うのでね、皆さん楽しみに、しててもらいたいんですけれども。木村くんネタなんかあったかなぁ~?なかなか、暴露できるようなねぇ~隙がないからね、木村くんっていうのはねぇ~。う~ん。まぁでも木村くんに関しては~、確かに他界の全然怖くないんですよね。ただ普通の人、ちょ、異常なくらいに高いの平気って言うか~。逆になんか~、大丈夫かな~?っていう。ホラ、例えば食べ物で言うと辛い食べ物全然平気な人いるじゃないですか。ああいう感じに近いんだったらちょっと逆に、大丈夫かな~?って、心配になるくらい平気なんですよね。いやすごいですよね。う~ん。いやぁ~しかもなんか高いところ行って~皆が「大丈夫?」って心配になる姿がす、もう逆に喜んでるんですよね。例えばコンサートでクレーン乗ってる時とか。わざと自分で手離して揺らしたりしてるじゃないですか。で、ファンの方が「大丈夫?木村くん!」みたいな。スタッフの人が「だ、大丈夫ですか?!」みたいな。な、皆なんか「大丈夫?!」とか、「ちょっとちょっと!!」とかあまり言わない方がいいですよ。言えば言うほどやる子供いるじゃないですか(笑)ああいう感じにちょっと~近いですからね。ま、そんな感じだとは思うんですけれども。ま、どっちが正しいのかどっちがやばいのか(笑)よくわからないですけれども(笑)はぁい。
以上メンバーとの、時間でした。

吾郎:続きまして、普通のお便りを紹介する『五六二三』、うん。漢字で『五六二三』と書いて『ごろふみ』。すごいですね、このネーミング。
兵庫県にお住まいのラジオネーム、ひーこさんです。
『え~吾郎さん、『めざましテレビ』とスマスマ見ました。え~SMAPと一緒に奇跡の瞬間を体験でき、その上スカイツリーを探索できてよかったです。え、日食もスカイツリーも、え~吾郎さんが苦手な高いところでしたが、楽しめましたか?日食のあの興奮と感動を伝えてください。また、スカイツリーで吾郎さんが一番気に入った場所を教えてください。』
はい。そうですねぇ~。両方とも高いところでしたけど、日食の方はね、湾岸スタジオの屋上だったんで、さすがに怖くはなかったんですけどね(笑)いやまずこの日食はホントでも~すごいですよね~何百年に一回とかのねぇ~、奇跡の瞬間を。しかもねぇ~、これ結構日本中~多くの方が見てくださったみたいで、高視聴率をとったつってね、スタッフの方も喜んでくださって、ま、視聴率の話はねぇ~、あの~ファンの方にはあまり、ピンとこないかもしれないんですけれども。ねぇ、朝のあの時間です~ごい人が見てたんですよね~。でもなんか、あの雰囲気と~なんか『さかさまの空』はすごくぴったりあってて、うん~なんかすごく、歌となんかあってるな~と思って、この時期に『さかさまの空』を、リリースしてるSMAPもなんか面白いな~なんて思いながら、歌わさせてもらったんですけれども。うん、とてもなんかいい経験を、ね、日本中の人たちとできたんじゃないかなっていう。うん。面白かったですけれども。で、まぁあの~~スカイツリーの方はね、これはねぇ~結構高いですよ皆さん!もう空だね、空。やっぱり。最初は350メートルなんですけれども~、第二展望台まで上がると450メートルですか。これだいぶ違うんですよねぇ~。最初の350メートルって言うのは東京タワーのアンテナのてっぺんぐらいですかね?イメージで言うと。だ、スカイツリーってホントに高いですよね。うん~。なんか東京タワーと並べてないからピンとこないじゃないですか、景色的に。しかもスカイツリーの周りってあまり高いビルがないから~。で~東京タワー多分そう、634メートルでしたっけ?あるのかなぁ~と思っちゃうんですけども。景色的に見てるとね。でもやっぱり高いですよね。特に上野450メートルまでいくとねぇ~、もうなんか、うん、あとしばらくいるとなんか、変な気持ちになってくるんですよね。なんかこう…高いところ苦手だからかな~?なんかねぇ~…なんか、気持ちの良さも含めて、なんか……飛行機に乗ってるみたいな感じかな~。…なんとも言えない感覚に、陥ったんですけどねぇ~。う~ん。あとこのね、第一展望台にある…この床の、シースルーの床があるんですよ。これめちゃめちゃ怖かったですよね。うん。う~ん。これは怖かったなぁ~。ちょっと~叫んでしまいましたけれどもねぇ~。ま、高いの平気な人だったら全然問題ないのかもしれないけどね。ちょっとでも苦手な人はこれビックリしますよね。…ま、でもホントに、ねぇ~こういう経験ってなかなかないし~。見たことない景色だと思うので皆さん是非、見ていただきたいな~と思いますし。ま、そうですね、一番気に入った場所。あの~もちろん中にいろいろレストランとかいろんなものもあったんですけど、ちょっとこれスカイツリーとは関係ないのかもしれないんですけどねっ、スカイツリーとは違ってこう1階でちょっと違う~場所にですね、あのま、東京スカイツリーの中にあるものなんですけれども水族館が、ねぇ、あるじゃないですか。あの水族館すごいお勧めでしたね。なんかペンギンとかすごくかわいかったですよ。う~ん。ちなみにあの~小笠原諸島の海を、ね、東京だけに意識して作られた水族館みたいで。うん。なんかやっぱり水族館も、新しければ、新しいほどまた違うものがありますよね。「あぁ~こういったものも進化してるんだな~」とか、すごくなんか、不思議で、とても美しい空間だったので。ねぇ。しかもなんか空と海と両方体験するっていう、ま、これが醍醐味みたいなんですけど。是非皆さん行ってはみてはいかがでしょうか?
以上、『五六二三』のコーナーでした~。

吾郎:三重県のユミコさんからのリクエストメールです。
『吾郎さん、今年はライブ楽しみにしています。ところで最近、いろんな年のツアーのDVDを見たのですが、『Drink!SMAP』の特典映像の中に、『SMAPの曲の中でベストワンを選ぶ』というMCコーナーが入っていました。覚えていますか?そこでの吾郎さんの答えが『Fly』だったんです。『がんばりますっ!!』で熱唱していた吾郎さんを思い出して爆笑してしまいました。』
うん、熱唱しましたね~『Fly』ねぇ~。なんか~、なぜか『Fly』で1位をとったっていうねぇ~。でもこれ好きだから選んだっていうのも~あったのかもね、自分の中で。なるほどね~、言われてみれば、そんなMCをよくコンサートの時にやってた気がするけれどもねぇ~。コンサートのMCで意外と喋ることがないと~、『好きな曲ナンバーワン皆で決めよう』みたいな、そんななんか、流れになってたような…気もしますけど。まぁでも『Fly』はね~、結構うちの~SMAPのメンバーは~…多分ですよ?そんなに、すごく好きな曲じゃないと思うんですよね。あんまりライブで選ばないし皆(笑)好きな曲じゃないというか~、ライブでこうパフォーマンスし辛いのかな~?すごくアップテンポな曲ってわけでもないし。バラードってわけでもないし。ちょっと扱いがコンサートの中では難しいのかもしれないのかなぁ~?でもすごくこれって、SMAPん中では結構特殊な、曲ですよね、『Fly』って。うん。僕はすごく…ちょっと、好きですね。かっこいいですしね。ミュージックビデオもすごく意外とこれ凝って、ねぇ。石井監督で、撮って、僕はめちゃめちゃに殴られてるって言うね、それ皆で助けに来るって言う、う~ん、ちょっと変わったPVだったんですけれどもねぇ~。僕はすごく好きですねぇ~。はぁい。是非聞いてみてください!
それでは、え~三重県のユミコさんからのリクエストで『Fly』です。
 
 ♪『Fly』SMAP♪


吾郎:さぁ、え~『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』では、たくさんのお便りお待ちしております。宛先は、今お聞きの放送局、または、郵便番号……(省略)……お相手はSMAPの稲垣吾郎でした。それではまた来週、バイバ~イ。
スポンサーサイト
2012-07-12(Thu)
 

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP 5月31日レポ

吾郎:こんばんは!SMAPの稲垣吾郎です。今日、5月31日は、世界禁煙デー。う~ん、いいですねぇ~。僕はあの~タバコは~吸わないので。なんか、この響きは好きですけれども。難しいですよねぇ~、でも~吸う方はね~。いますしねぇ~。ま、でも僕はあの~こないだよく行く~、すごく好きな、飲食店、レストラン…勝手に、空気清浄機をつけてもらいましたね。す~~ごい煙すってくれるんですよ。でもそこのお店の~、こう~マスターも、タバコ苦手みたいで~やっぱもちろん飲食店ってタバコなかなか禁煙にできないじゃないですか。特に夜やってるような、ちょっとね、お酒も飲めるようなお店だと。それで大型の業務用空気清浄機を、取り付けました。快適ですね~。はい。
続いて、呟きメッセージをご紹介いたしま~す。ラジオネーム、ミュウリちゃんからのお便りです。
『吾郎さんこんばんは。顔のエラの角ばったところの裏のくぼみを、親指で押すと、滑舌が良くなるそうです。』
へぇ~。ここですね。なるほどね。じゃあここ押しながら喋った方が滑舌良くなる…喋りづらいですね~。ちょっとねぇ~。でもなんか、血流は良くなりそうですね。リンパ~が刺激されて…うん、逆にこう顔がスッキリしたりとか血流が良くなったり健康にいいと思うんですけど、滑舌と直接結び付く~んでしょうかねぇ?はい~。やりながら今日はじゃあ、30分間、お話したいと思います。
(BGM『Keep my love』SMAP)
それでは、今週の1曲目、SMAPで、『Keep my love』です。

 ♪『Keep my love』SMAP♪


吾郎:『SMAPな時間』!このコーナーでは、稲垣吾郎の活動情報を中心に、SMAPの情報、メンバーの近況などを、たっぷりとお伝えしたいと思います。そう、メンバーとの近況報告と言うことで、こないだね、あの~また久々に、木村拓哉くんとゴルフに行って来まして~、今年入って初めてかな?あっ、1月か2月に、スタッフが、主催してくれた、『スマスマカップ』、を主催してくれて、ま、行ったって話はこの前もしたのかな?でもメンバー、スマスマカップなのに僕と木村くんしかいなかったっていう。ま、またこれ今度やろうって話をしてたんですけれども~、ま、ほんとプライベートでね、全くスタッフの方抜きで、ね、あの~2人だけで行ったっていうのは結構久々のことだったんですけどねぇ~。楽しかったですよ~。ねぇ、お互いこう久々に会うとまたちょっとこう~腕前が上がってたりとかして、ちょっとこう意識し合いながらも~、こう~~お互いフォローしながらも、ねっ、こう楽しく、会話を弾ませながら、18ホール、ラウンドさせてもらったんですけれども~、9ホール終わった後に~、ま、ちょっとお昼ごはん食べようってことになって。で、なんか僕が良く行くゴルフ場だったんで、「ここの~食堂~だと何が美味しいの?」って言うから、「木村くん、あの~ここは基本的にはあの~、ショウガ焼き定食を頼むものなんだよ。豚が美味しいしね~、ショウガ焼きいいよ。」って言って、で、あの~木村くんがショウガ焼き定食を頼んで~、僕はあのカキフライ定食頼んでしまったんですけれども~。「(笑)お前だって、ショウガ焼きお勧めじゃないの?」みたいな、普段だったらそう言う突っ込みを、テレビだったらね、しそうなんですが~、ま、プライベートですから。「あぁ~お前カキフライなんだ~」、「あ、お前カキフライ、タルタルソース以外ソースも一緒に混ぜるんだ~」、「あ~レモンお前絞んないんだ~」みたいな感じで、こっち見てましたけど~。まぁあの、美味しくランチしまして~、うん~、ま、そこまではね、すごく平和的で楽しかったんですけれども~、なんと、その食堂に~、スズメバチが入ってきてしまいまして。しかもなんか、食堂の人に、「入ってきましたよ」って言ったら食堂のその、ねぇ、あのレストランの人も、ま、女性だったんで、怖がっちゃってて。確かスズメバチって、黒い服着てると、接近してくんだよねって。で、レストランの方はねぇ~、黒いカチッとした格好してますから~、ウェイトレスの格好して。僕も~ゴルフウェア真っ黒だったんで~、「ヤバい!」ってことになって、逃げ回ってたら、木村くんがあの~、ちょっと湿った、テーブルにあったおしぼりを、おもむろに握って、スズメバチに~(笑)、対して、こうはったいて、バーン!バーン!つって、で、窓を、ちゃんと開けて、窓の外に、こう~追っ払ってくれたんですね。スズメバチをそのまま~殺してしまうんではなくて、ゴルフのスウィングのように、おしぼりで、こうスナップきかして、スズメバチを窓の外に退治してくれたって言う。「すごいな~、木村拓哉~、さすがだな、男だな」って、思ってしまいましたね。僕がビビってた姿はもう言うまでもないですよね。ホントに、情けないなぁ~と思いましたけれども。まぁいい春のひと時をメンバー同士過ごせた言う感じなんですけれども。はぁい。ま、木村くんもラジオの番組で、伝えるかもしれないんですけれどもね。
はい、え~続いて埼玉県にお住まいのエリコさんです。
『こんにちは!『ゴロウ・デラックス』で、楳図かずおさんの家を訪問していましたね。楳図先生も優しくて素敵な方で、吾郎さんも楽しんでいるのが伝わってきました。ところで吾郎さんは、グワシの手の形ができますか?また、先生の家で特に吾郎さんが気に入った場所はどこですか?また、訪ねてみたい漫画家さんは、いますか?』
と言うお便りです。グワシはねぇ~できないですね~。これはね~…なかなか普通の人はできないですよこれは。楳図先生もできないんじゃないかな?これはねぇ~、実はまことちゃんもできないんですよね。漫画ん中で。家族は全員できるんだけど、まことちゃんはできないってそう、そういうことなんですよね。うん~。ま、でもね~すごく素敵な方でしたね~。ホントに、おうちもすごい素敵で。なんかもっと奇怪な感じでねぇ~、エキセントリックな感じで、ちょっと居心地の悪いごちゃごちゃした家なのかな~と思ったんですけど、ホントにこう綺麗~なね、おうちで~、すごい清潔感に溢れたねぇ~、すごい素敵だな~と思いましたよ。で、あの~『まことちゃん』以外もね、楳図先生の~作品、あれから結構読ませていただいて。ねっ、『洗礼』とか、『14歳』とか、『漂流教室』もそうですし、『おろち』もそうですけど。面白いですよね。すんごい作品数が多いわけではないんですね、先生ってね。しかも短い作品が多いんですよね。『まことちゃん』ぐらいですね、長いのってね。そう~だ、簡単に読めるしね~。やっぱ今読んでもす~ごく、面白いし。なんか今を予言しているような内容が多くて。すごい方だな~って思いましたね~。作家さんもすごいですけどね~、漫画家先生も、こないだね、去年か一昨年にSMAP~ブックを作った時に、あの~浦沢直樹先生の家にも、訪問させていだたいて。ま、『MONSTER』とか『20世紀少年』とか、ま~『YAWARA!』ちゃんなんかもそうですけど、僕すごく好きな、まぁ漫画自体僕もあんま詳しくないし~、あんまりこう~知識はなかったんですけれども~。ね、浦沢直樹先生の作品も~僕好きだったんで。す~ごく家行って、よかったな~と思いましたし。うん~。ねぇ、すごく人間的にやっぱり魅力的な~方多いですよねぇ~。う~ん。他にも行ってみたい漫画家さん、僕はね、新谷かおるさんが好きでね、『エリア88』ですよね。あとは『ファントム無頼』とか結構僕、あの飛行機とか好きじゃないですか、そういう。そういう感じであの~結構『エリア88』とか一時ハマってて。う~ん。これも~ねぇ~、ストーリーもすごくいいんですよね~。ラブストーリーにもなってて。う~ん、是非お勧めですけれども。新谷さん是非会ってみたいですね!

※『イケTEL SMAP』のコーナーだったのでカットします
 ♪『世界に一つだけの花(シングルversion)』SMAP♪

吾郎:ミヨさんからのリクエストで、『世界に一つだけの花』でした。

吾郎:さぁ、え~SMAPのメンバーのイメージカラーのお便りを紹介しましたよね。ま、僕はあまりあの~、そんなけ、関心がないんですけどそれに関して~。で、あの意外となんか~ファンの間ではいろいろと、ねぇ、こう~話題になってるってことなんですけれども。
え~ペンネームひ、え~ヒメミさんからの~…お便りですね。
『え、『テレビガイド』のTwitterでも、イメージカラーが、ビストロカラーになってしまって、ごめんなさいって謝られてました。』
ってことはブルーってってことですか。ブルーになってるんですね?い~けないんですか?ブルーでは。あ、ファンはピンクだと思ってるんだ。あぁ~、だからブルーでいいですよ、ブルーで。何で?
…まだ来てますね~。え~っと~、ロンドンからのお便りです。すごいですね。
『え~イメージカラーについて、吾郎さんこんばんは。ファンの方からのご意見をお聞きしたいと吾郎さんが言っていたのでお伝えしたいと思います。え~ライブに、おいてのグッズは、夢モリでのカラーが使われていますが。…え~スマスマのビストロで中居くんが、ピンクシェフになってくれた時から、スマスマでは2人のカラーがビストロ以外でも逆になりました。え~ファンとしてはせめてビストロ以外はちゃんと元のカラー分けに直してほしいです(笑)恐らく吾郎さん自体もどっちらでもあまりこだわらないのかもしれませんが、え~SMAPメンバーカラーにおいてはファンはすごく思い入れがあります。正直、事務所やSMAPのメンバーが気にしなくても、ファンの気持ちを、考えてほしいと思っています。ファンがいくら番組要望を出しても、なかなか難しいというのは実感しています。ファンは、一押しメンバーのカラーを何気にチョイスする癖がついてます。中居ファンは青、吾郎ファンはピンクのアイテムを持っている方も結構多いと思いますよ!え、番組やSMAPのメンバーが思っている以上にメンバーカラーはファン内でも大事なことであると自覚してほしいです。』
と言うお便りです。ロンドンからの、熱いメッセージですね~。こないだは韓国のミジョンさんでしたね(笑)海外にいるとカラーが大切になってくるんですかね?カラーねぇ~。ま、ど~でもいいちゃどうでもいいんだけど、確かに、何か物をチョイスする時にやっぱファンの間同士で~、こう識別しやすいんだよね。「彼女は、赤だから木村くんのファンなんだ」とか、「黄色だからつよぽんファンなんだ」とか。そう言うなんか、ファンの方の気持ちですね、要は。だから~、何度も言うけど~、僕はピンクでいいんですよ。いいのいいの。ピンクでいいの。ピンクでいいんだけど、ビストロで、最初に~、チーム分けする時に、青と赤しかなかったの。で、赤は木村くんチームだったの。ブルーはどっちかって言うと、僕と誰かだったの。だ、僕が赤に行った時はもちろん赤になったし、赤対ブルー、下手上手で対決してたんだね。で、いつの日か木村くんは赤以外を着なくなって~、うん~、そうすることによって、ブルー側が多かった僕、最初僕と木村くん分かれること多くて~、だ、ブルー側が多かった僕はブルーのまんまで~、で草なぎと香取だけ黄色と~緑っていうのを付け足したという。同じフジテレビだったし~、ちょっと前にやっていた『夢がMORI MORI』の~、ねっ、音レンジャーから、音松くんから、草なぎは黄色、香取は緑、緑松だ!ってことになったんですよ。うん。もとはと言えば、ま、ブルーは中居くんの青松だったわけですから、だ、僕はもうね、森くん~に対してのね、敬意をこう~示すと、共に、白にしますよじゃあこれから。ンッフフフフフ(笑)…白松だった~森くんに対してのね、う~ん…そう…白好きですよ僕!白がいいなぁ~。できることなら白がいいよ。なんかいいじゃん、なんか白い花とか好きですし。う~ん、白い~お花好きですし。家具も白いし~、車も白い方が好きですし、携帯電話も僕白ですからね。確かに。黒も好きですけど白も好き、モノトーンが好きですから~…今日も白い帽子かぶってますしね(笑)…今日から僕のイメージカラーは白で!!……や、ファンはね、嫌なのかな。どっちかにしてほしいのかな。え、ファンはピンクか青にしてほしいの?…メンバーどう思ってるんでしょうかね?…わかりました!メンバーにね、僕これ聞いてきます!…もうプライベートで聞いてきます。テレビとかじゃなくて~。…「ねぇねぇねぇ、これ~さぁ、あの~番組で今~『STOP THE SMAP』~僕最近1人でやってるじゃん?それでこういうハガキで話題になってるんだけど、中居くんはどう思う?」「木村くんはどう思う?」みたいな感じじゃなくて、さりげなく聞くよ。楽屋で。まずは簡単に剛あたりから聞くよ。聞きやすいでしょだって。楽屋でボ~ッとしてる時に2人でさ。「あれ剛さぁ~…あれだよね。なんかさ、ふと思ったんだけどさ~…なんかメンバーでそれぞれ結構色分かれてるじゃん、イメージカラーみたいな。剛昔から黄色だよね~。なんか、思うんだけどさ~、俺と中居くんって青とかピンクとか入れ替わったりするんだけど、どうなんだろうねぇ~」みたいなことを、ちょっと何気に聞いてみますよ、メンバーに。剛くんに。…ま、別に剛くんじゃなくてもいいんですけど~、それはまぁ、この番組で僕が、ちゃんと発表しますから!だけど~、メンバーに聞いたところで、またそれが正しいかどうかはわからないんだよ。だってメンバーが決めた、だったら僕が今ここで決めてもいいわけじゃないですか。でしょ?だ、白ですよ!…ねっ!どうですか?白。純白。いいですよねぇ~。…じゃあま、一応~僕の中では白になってますから(笑)今日から。はい(笑)
以上、え~SMAPのイメージカラーについてのお便りでした。

吾郎:さぁ、え~エンディングの時間なんですけれども、え~『キャッチボールジャニーズ』に出てほしいというお便りが届いてますねぇ!色々ありますよ。Hey!Say!JUMPの知念くん、山田くんと話してほしい、あと~嵐の櫻井くんも来てますね。その他にもいろいろと来てるんですけど~、おお~いいですねぇ~。でもHey! Say! JUMPとか~、いいですねぇ~。あんまり、共演もないですもんね。そうですね~嵐とか~KAT-TUNとかはまだちょっとあったり、Hey! Say! JUMPの知念くんと山田くんって、ちょっとお話してみたいなっていうのもありますよね。ま、でもいろいろと来てる、ま、いろいろと来てるって言うかね、基本的に、この人たちに出てほしいだけじゃないかって言う気もするんですけど(笑)まぁそれはいいとして。ねぇ、までもちょっといろいろと、『キャッチボールジャニーズ』の出演、ね、してもらいたいですよね。いろいろなグループの方に。皆さんそれぞれ楽しみにしててください!
え~『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』ではたくさんのお便り待っています。宛先は今お聞きの放送局、または郵便番号……(省略)……お相手はSMAPの稲垣吾郎でした。それではまた来週!バイバイ!
2012-06-17(Sun)
 

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP 5月24日レポ

吾郎:こんばんは!SMAPの稲垣吾郎で~す。それではえ~オープニングの呟きメッセージ、ご紹介いたします!
『え~吾郎さんこんばんは。5月6日は、ゴロウの日と言うことで、野口五郎さんはイベントをやったそうです。私はSMAPファンの友達と勝手にゴロウの日だからと、お祝いに、え~カラオケに行って『Fly』を歌ってきました。(鼻をすする音)え~吾郎さんは、ゴロウの日を意識していましたか?何をして過ごしていたか覚えていたら教えてください。』
ん。意識しませんよそんなもの。ゴロウの日って~…ゴロウの日じゃないですよ別に。もっともっと大切な、きっと何かがいっぱい詰まってる日ですよ。だ、連休最後の日ですよね。5月6日って言うと日曜日だった時ですか?ねぇ。数字から、連想させるものは多いですよね。ゴロウとかね、うん~。……よくなんかあの~~、車のナンバーで~56とか、見ると、「あ、この人ゴロウなのかな~」とかね。ねぇ、5656とか…あれ見るとなんか~、「ゴロウなのか~」、「なんか僕のファンなのかな~」、「なんだろうな~」みたいな。……1756な、イナゴロー。あ~。まあね、嬉しいですけどね。ちょっと~恥ずかしいですよね。僕は自分の車に~そういう~なんか、自分の名前のナンバーみたいなのやらないですけどねぇ~。この前~郷ひろみさんのナンバーが50だった、ね、見ましたけど。テレビ局で。郷さんで、50。うん~。…なるほどね。ゴロウの日。(微笑)ゴロウの日ではないですよ別に。僕が言ってるとなんか僕がなんか制定したみたいな、自分でアピールしている風に思われちゃう。でもねぇ、まぁまぁファンの方がこういって、ね、なんか何かこういう、ね、あの~ものにちなんで、皆で楽しい~時間を過ごしてね、僕のことをこう~思い浮かべてくれてるってことに関しては、非常に嬉しいなと思いますので。ね、チイさんどうもありがとうございました!
さぁ、え~今夜も『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』、30分間お付き合いくださ~い。

吾郎:さぁ、愛知県のミキさんからのリクエストメールが届いていま~す。
『吾郎さんこんばんは。『さかさまの空』毎日聞いています。今の季節の空にピッタリで、聞きながら空を見上げます。カップリングの、『Keep my love』も大好きです。吾郎さんラジオで『Keep my love』流してくださいお願いします。』
いいですねぇ!『さかさまの空』。なんかあの~結構こう街に、『さかさまの空』の~看板が~、ねぇ、いろいろと、宣伝してくださってて、見ているんですけれども。なんか頭に血が上りそうだな~って、自分のこと見ていつも思うんですけれどもねぇ~。ま、でもとても爽やかな~曲でね、これもホントにNHKの、朝の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』の主題歌にもなっていますし~、ねぇ、かなりこう皆さんに、親しんで、くださってる、覚えてくださってる曲なんじゃないかなと思うんですけれども~。うん~。振り付けもねぇ~すごい可愛いですし。『Keep my love』はね~、ホントに早く~テレビで、やらないと!って感じですよねぇ~。まぁやるとは思うんですけれども。は~い。ま、ちょっと『さかさまの空』とは全く違って、ちょっと大人のラブソングと言う感じで、うん~。これもまたね、ちょっとコンサートとかやった時には、皆さんの前で披露できるんじゃないかな~と思うので、楽しみにしててくださ~い。
それでは聞いてください!SMAPで、『さかさまの空』

 ♪『さかさまの空』SMAP♪

吾郎:ミキさんからのリクエストで、『さかさまの空』でした。

吾郎:さぁ最初のコーナーはですね、『SMAPな時間』。このコーナーでは、え~稲垣吾郎の活動情報を中心に、SMAPの情報、メンバーの近況などをたっぷりとお伝えします!おハガキ、さっそく紹介したいと思います。
福井県にお住まいのトシエさんです。
『吾郎さんこんばんは。スマステで、土曜ワイド劇場の特集があり、吾郎さんの明智小五郎が登場しました。え、そのシーンは、クイズになっていて、慎吾くんの、「SMAPで明智小五郎っぽい」というヒントでゲストの高橋秀樹さんが、「稲垣くん」と当ててくださりとても嬉しかったです。え、吾郎さんは、土曜ワイド最年少主役で、え~四代目明智を演じられたとか。金田一さんもそうですよね。え~探偵役の、楽しさとか難しさを教えてください。え~吾郎さんのもう一度やりたい役とか他にやってみたい探偵とか、謎解きのお話とかありますか?』
というお便りです。そうですね!結構探偵もののお仕事、探偵ものの仕事って言うとおかしいですね。(笑)探偵の役!探偵の役は~多いですよね。うん~。謎とき、説明。結構ね、セリフも多くて大変なんですけれども~、ま、でも楽しいですよね。なんかこう~…なんかゲーム感覚で、うん~。なんか、楽しめるって言うか。…結構こう~覚えるの大変なんですけれども。うん~。なんとなくそれを自分のペースで喋って行くというの~なんか、役者見よりに着く、楽しさもあるんですけれどもねぇ~。これ土曜ワイド劇場でさい、最年少主役だったんですね。当時ってことなのかな?ま、でも土曜ワイド劇場って結構、ねぇ、あの~ベテランの俳優さんとか女優さんが~主演をされてるって印象ありますもんねぇ~。うん~。こん時当時22,3だったと思うんですけれども。佐藤嗣麻子さんが監督だったんですよねぇ~。佐藤嗣麻子さんはそのあと金田一シリーズの脚本も書かれたりとかして~。結構縁があって。ねぇ~、うん。SMAPと佐藤嗣麻子さんっていうと草なぎくんのドラマなんかも~ね、嗣麻子さんが、ね、脚本を書いたりとか。木村拓哉くんが、ねぇ、去年やった、『宇宙戦艦ヤマト』の脚本も、嗣麻子さんですしね。うん~。結構ま、SMAPとはいろいろと、ま、繋がりはあるんですけれども。そう考えると結構~、10~8年くらい、10あ、15年ぐらい前から、ねぇ、嗣麻子さんと~お仕事させていただいているんですねぇ~。女性の監督でねぇ~。ま、脚本家~でもあって監督でもあったりするんですけれども~。うん~。で、嗣麻子さんやっぱりこれ好きなんでしょうね~、江戸川乱歩が。なんか、江戸川乱歩の映画も録ってましたしね。うん~。で、なんかまたお仕事ご一緒させていただきたいな~と思っているんですけれども~。そう~、『陰陽師』もね~懐かしいですよねぇ~。そう、これもまた繋がってるんですけれども~、『陰陽師』~漫画化~する時に~、佐藤嗣麻子さんが当時学生くらいの時に~、なんか、お手伝いしてたみたいですよ、作家さんの。そういう歴史とかも、ねぇ~勉強されてて詳しかったと思うので学生の頃から。うん~、だ、嗣麻子さんこういうの好きなんでしょうね。なんか、謎解きとかちょっとしたサスペンスミステリーみたいなものねぇ~。ねぇ、ちょっとまたお仕事ご一緒させていただきたいな~と思いますし、ま、こういうお話しててもね~、なんか、監督さんとか脚本家さんとかのお話ですから、皆さんあんまりピンとはこないと思うんですけれどもね。う~ん。ま、でも僕らのホントに縁、縁のある、お世話になっている、スタッフの方なんでね。皆さんにも知ってもらいたいな~と思って、お話したんですけれども。はい。ま、でもちょっとこの~ね、金田一に関してもそうですけど、明智小五郎に関しても、しばらくちょっと休憩中だったんでね、またなんか~やりたいですよねぇ~。ちょっとブランクがあるので、ま、また金田一~なんて役はね、また、いくつになってももちろんできる役だと思っているので、そう言うお話があれば~なと、は、え~期待しているんですけれども。ま、意欲的~にね、あのいろいろやって行きたいなと思っていますし~。ね、期待しててくださ~い。
はい、え~以上『SMAPな時間』でした~。

吾郎:え~先々週のオープニング呟きメールで、女子高生から、『そんなに敬語を使わなくてもいいんじゃないですか』と、え~指摘されました。ま、それに対していろいろなご意見をいただいたので、ご紹介していきましょう!
はい。…まずはラジオネーム、サクラさんからです。
『え~~…先日の放送で『言葉使いが丁寧過ぎて壁を感じる』と、お便りを読まれていましたね。…え~私は吾郎さんの優しい声の丁寧な言葉使いが大好きです。きっとそういう方多いと思いますよ、とても癒されますから。丁寧すぎると壁を感じる方に少々驚きました。え、最近会社などでも、友達口調が増えているのはそのせいかもしれませんね。吾郎さん今まで丁寧な言葉使いの中に、時々砕けた言い方を入れたり、恋人に語りかけるような、言い方を入れてみたり、私達、聞いているものをドキドキさせてください。楽しみにしていますね。』
うん~。京都府にお住まいのシホナさんからですね。
『え~稲垣さんこんにちは。リスナーからのお便りで、『タメ口で話してみてください』という意見に応えて、ちょっとぎこちなく敬語を崩した稲垣さんの話方が、かなりよかったです。私は油断した時に出る稲垣さんの『俺』と、『慎吾』~『剛』の言い方が好きです。』
う~ん。…これ不思議ですよね。喋り方って。なんだろ?…ね、「俺」って言ったり「僕」って言ったり、結構~、人って不思議ですよね。「くん」って言ったり呼び捨てにしたりね。どういう時にそういう使い方を変えていくんだろうね、人って言うのは。う~ん。まぁでもねぇ~、そういうこと一切考えたこと~ないんでね、ラジオやってて。う~ん。ま、自然な姿のままで一番~よろしんじゃないかなと。なんか無理に友達っぽくするのもなんか~、どうなのかな~って感じがしますし。うん~。や、もちろん、こう~聞いてくださってる方~を近くに、感じてね、ホントにあの~お話一緒にしているような感覚で、やらさせていただいてはいるんですけれども。う~ん。ま、日頃から、あんまりこう乱暴な言葉使いって言う感じではないんでしょうね、きっと、自分で言うのもなんでしょうけど。友達同士とかね、親密な人間にも。う~ん、ま、これが自分の自然な姿で~、無理にこれをどうのこうのってしなくてもいいんじゃないかな~と思うんですけれどもねぇ~。ま、でもそれだけでもこんだけリアクションのねぇ~、いろいろお便りいただいたってことに関してはとっても嬉しいんですけれども~。ま、でもね、時折になんかじゃあちょっとそういう~、ニュアンスをいれて、やってみ~みましょうかね?どうなんでしょうかねぇ~。だ、時折こう「慎吾」「剛」と呼び捨てするんですねぇ~。慎吾くん、慎吾、慎吾は慎吾っていうか。草なぎくんのこと草なぎくんつったり剛つったりしますけどね~。これも不思議ですよね~。香取くんもね~昔剛くんとか言ってたけどね。今はなんかつよぽんとか言ってますよね。ま、そういうところになんかこう人の心理って言う物が出るんじゃないかな~って、注目してみると結構面白いかもしれないですよね~。
さぁ、それではリクエストメールを、ご紹介いたします!
『この前まで再放送されていた草なぎくんの、ドラマ、『僕と彼女と彼女の生きる道』を見ていて、主題歌が、え~吾郎ちゃんのソロでかなりいい曲。すごく大好き、なので流してもらいたいです。』
うん。懐かしいですねぇ~。そう~ソロで、やらせていただいて~。う~ん。結構これ緊張しましたよねぇ~。やっぱり~~、歌う~イコール5人で、って感じなんでね、コンサートの時とかソロとかありますけど~。テレビ番組にしかも生の番組とかに1人で出るって言うの、す~っごい緊張して、普段何気に~見ていた~、共演していた~、ソロのアーティストの人たちが、す~っごいなんか大きく見えましたよね、そん時。いやすごいんだな~って。もう、1人だったら全然ダメですね~。不思議なもんですよね、お芝居とかだったらね~全然1人でも、当たり前のように仕事しますけど、ず~っとやっているとそれに慣れてしまうし~、う~ん、1人で歌って踊ってって言うのは~、絶対に考えられないな~と思うし。ねぇ~、なんかよく後輩で~例えばKinKi Kidsだったら2人でさ~、それでもすごいな~って思いますよね~。なんかやっぱ5人でやってきてるって言うのが、ねぇ、そういう~の、やっぱりこう~それが当たり前になってくるんでしょうねぇ~。ま、でもそんな中でね、このソロで曲を~出させてもらって、ま、すごくいい思い出にはね~なりますし、で、ホントにいい曲だったんでね、今でもこうやってリクエストしていただいて、ね、かけて、なんか皆さんに聞いて~貰えると思うと、すごく嬉しいんで、ねぇ~、もしかして知らない方もいると思うので。聞いてもらいたいな~と思います。
え~&Gで『Wonderful Life』

 ♪『Wonderful Life』&G♪

吾郎:&Gで、『Wonderful Life』でした。

吾郎:続いては、『吾郎の自由時間』。僕の趣味の世界を、聞いてください。ま、ゴルフをはじめとしてね~、スポーツや健康の話は『稲垣GOROHU倶楽部』、ワインや食に関する話題は『稲垣ワイナリー』、読書や映画などの文化的な話題は、『56堂書店』。今日はですね、『56堂書店』に届いたお便りをご紹介しま~す。
茨城県にお住まいの、アキコさんからのお便りです。
『え、吾郎さんはどなたかお好きな作家はいらっしゃいますか?え、それとも新刊や話題の本を読まれることが多いのでしょうか?え~私の場合は、え~新刊が出たら必ず買う作家がいます。え~池澤夏樹さん、堀江敏幸さん、湯本香樹実さんです。他に図書館で借りた本を気に入ると自分でも持っていたくて買うことがあります。本フェチなので。え、表紙の手触りや、え~本文の紙、文字の、印章など、本の質感も、大切だと思っています。吾郎さんには、何か読書などのこだわりはありますか?吾郎さんがどんな本の読み方をしているのかを、教えてください。また、お気に入りの本や、最近面白かった本について、語っていただけたら嬉しいです。』
うん。本ですねぇ~。そうなんですね、『56堂書店』っていうコーナーが始まったんですよね(笑)ま、読書に関しては~昔から~あの~嫌いではないんですけれども~、あの~、かといってすごい読書家って言うわけでもなかったんですけれども。『ゴロウ・デラックス』っていうね、番組が始めってから、こう課題図書が増えて~、本をやっぱり、読むのが習慣づいてきましたね~。…まぁあの最低でも1週間に1冊本を読まないといけないので~、結構な量ですよね、そう考えると。もちろん本だけではなくて、小説だけではなくてね、うん~ちょっとこう読みやすい、写真集であったりこう~漫画であったり。何かの説明書であったりっていう。ま、そういった本を含めてなんで、すごい大変ってわけではないんですけれども~。うん~、ま、でも、そうですね~、この『ゴロウ・デラックス』でやるようになって、だ、読む速度が~少し早くなってきましたね。やっぱり、しばらく読み慣れてないと~、本って読むの~遅くなってきますよね。うん~。…ま、でもやっぱ~こう仕事で本を読むと~、普段読まないような本も読むので。逆になんか広がりが出てきますよね、うん~。ま、最近では、ね、『ゴロウ・デラックス』の方で放送されたかわかんないんですけれども…今回、あの~本屋大賞に選ばれた、三浦しをんさんの、『舟を編む』…ね、読ませていただいて、みゅうらさん、三浦さんとね、お話をさせていただいたんですけれども。これはあの~ホントに、大賞に選ばれる~ぐらい、賞賛されていた、作品であって。いや~面白かったですね、最近の中ではホントに。あとはなんだろうなぁ~?話題になっていたのは最近『ジェノサイド』とかね、高野さんの。サスペンスというか~何て言うんですか~ハリウッド映画みたいなね、ミステリーみたいで、東野圭吾さんみたいな。あれも面白かったですねぇ~、すごくいろんな方が絶賛してたんで読ませていただいていたんですけれども~。その2冊が~一番話題かなもしかしてね、ホント~ここ1カ月2カ月の中では。『舟を編む』に関しては~、それは~あの~…辞書作りをする、人々の話で。なんかあの~辞書を作るっていうのはもう~ホントに~、とても、もう、なんかこう、莫大な時間と~労力を、使う、もうなんか~大変な作業で、下手したら何十年もかかるみたいで。う~ん。それはなんかもうホントにもう辞書作りに、情熱を傾ける人々の話であって。すごく感動しましたねぇ~。辞書何かねぇ~、ホントに身の回りに当たり前にあるようなものであるのに~、そういったものでも~そんだけの人々のね~、その情熱と~、ねぇ、こだわりをもって作られてるんだな~と思うと~、辞書以外にもね~、自分の身の回りにあるものって、きっとそういったもので囲まれてるんだろうな~って思ったりとかね。う~ん。ま、特に日本人って特にそういう物に対する、こう~コツコツやっていく~、積み重ねていく~真面目さ、勤勉さみたいなものがとても優れた国民なんだって、改めて実感しましたし。なんかこう、辞書を作る~ともう、定年までに終わらなかったりするみたいですね、編集部の方々がね。う~ん。そういうこともあったりとかっていう。1つの作品を作るのにそのくらい、だ、大変でね、そんだけのこう~~労力をかけるっていう、なかなか~僕らの芸能界の仕事ではないですもんね、そこまでっていうものはね。なんかすごく影響を受けましたね~、うん~。だ、三浦さんも~ホントとってもなんか、そんな熱い~、熱血な作品を書く様な感じではなく、もうちょっとひょうひょうとしたすごくユーモアにあふれた、ねぇ、方だったんですけれども。でもなんか、作家さんと~こうやってお会いできてお話できるって言うのは~、すごいやっぱ楽しいですね~。今までもね、作家さんとの~その番組では~ね、あの~例えば芥川賞をとられた西村賢太さんとかも一緒に、あの共演させていただいたりもしたんですけれども~。昔も結構僕やったんですよね。番組始まる前で言うと~、昔~は、結構2人とも好きなんですけどねぇ、村上龍さんとも対談させていただいて。ねぇ、村上さんの作品もすごい好きでお話しさせていただいたりとか~、あとはねぇ~、島田雅彦さんとかね~す~ごく昔好きだったので~。う~ん、もうちょっと雑誌の方できょうざ、対談さしていただいたりとかして~。すごくね~、よかったんですよ~。やっぱそういう~村上さんとか島田さんとかもそうなんですけどね~やっぱり、好きな作家の本はね、やっぱり新刊が出るとずっと、読み続けるようにはしているんですけれども~。は~い、で、三浦しをんさんもね、これから新作~ちょっと、ねぇ、次回作も楽しみですよね~、うん~。なんかまたいろいろ皆さんにもご紹介していきたいな~と思いますので、はい。

吾郎:はい、ということでね、今日は『56堂書店』、ね、このお便りの中にも池澤さんとか堀江さんとか湯本さんとか、結構僕が読んだことのない作家さんがね、逆に紹介していただいたりとかして。ねぇ、ちょっと読んでみたいなと思いますねぇ~。うん~。読書、していきましょう!
はい、え~『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』ではたくさんのお便り募集しています。宛先は、今お聞きの放送局、または郵便番号……(省略)……。お相手はSMAPの稲垣吾郎でした。それではまた来週、バイバイ!
2012-06-03(Sun)
 

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP 5月17日レポ

吾郎:こんばんは。SMAPの稲垣吾郎で~す。さぁ5月~~ねぇ、5月と言えば~あれですよ。世界の、ゴルフの4大メジャートーナメントないんですよねぇ~。皆さんもね~知ってると思いますけど、あの~オーガスタでやるマスターズ、あれ4月なんですよね。で、全米オープンが6月で、全英オープンが7月、全米プロゴルフが8月、5月にはないんですよねぇ~。日本だったらね、大会多いんですけどもねぇ~。ねぇ、ゴルフと言えばなんか~ちょっとまたスマスマカップが開催されるっていう噂もあって。ねぇ、スマスマカップと言いながら、スマスマスタッフとメンバーが僕と木村くんだけなんですけど。ちょっと参加者が増えるのかな~と期待しているんですけれども。はい、楽しみにしてます。
さぁ、オープニングの呟きメッセージ、ご紹介です。埼玉県にお住まいのイツコさんです。
『え~吾郎さんこんばんは。外に、いるのも気持ちがいい季節になってきました。確か自転車をお持ちだったと思うのですが、最近自転車には乗っていますか?え、自転車もちょっとした運動~になりますよね。ライブに向けてのウォーミングアップにいかがでしょうか?』
うん。そうですねぇ~。自転車~…今でも~乗りますよ。今、ちょこの季節いいですよねぇ~。うん~。だ、だからちょっとこう~荷物が多くなるときには乗れないねぇ~。意外と~…今季節~的に気持ちいんですけどねぇ~。やっぱりつい、車を選んでしまうことが多いですよねぇ~。ただねぇ~自転車の~魅力って言うのは~、ありますよねぇ~。見てるだけでほしくなっちゃいますよね~、形とかすごく~綺麗ですしね。機能美とか~。ま、実際ね、何台も持っててもしょうがないのでね~なんだかんだいって僕~、ね、10年くらい前に買った自転車を~未だに乗っていますよ。でもね~基本的には駐車場に入れてるので~、すごい綺麗なんですね、10年間乗っても新車同様みたいなね。しばらくはそいつを乗って行こうと思ってる、はい。
ということで『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』、今夜も30分間お付き合いくださ~い。

(BGM『Keep my love』SMAP)
吾郎:それでは今週の1曲目です。SMAPで、『Keep my love』

 ♪『Keep my love』SMAP♪

吾郎:え~先月25日にリリースした新曲『さかさまの空』のカップリングで、『Keep my love』でした。

吾郎:さぁ最初のコーナーではですね~、『SMAPな時間』、このコーナーでは、稲垣吾郎のえ~活動情報を中心に、SMAPの情報、メンバーの近況なども、たっぷりとお伝えしていき案す。
お便り!1枚目~。埼玉県にお住まいのヒロコさんです。
『吾郎さんこんばんは。そろそろライブの曲など決まる頃でしょうか?え~吾郎くんのソロでロックテイストのものが聞きたいです。ブリティッシュロックなら木村くんとかぶらないのでは?木村くんと言えば吾郎くんと木村くんとのデュオもまた観たいです。吾郎くんと木村くんの声ってすごく合うと思うし、希望としては昔、Mick JaggerとDavid Bowieが2人でカバーした、『Dancing In The Street』みたいに。』
詳しいですねぇ~、この方。良く知ってますね~。うん~。そうですねぇ~。いいかもしれない。昔はね~結構、やってたんですけど、最近ジャズっぽいものが多いですよねぇ~。う~ん。元々、ロックすごい好きで。こないだ『HEY!HEY!HEY!』の時にも話してたんですけど、メタルとかすごい好きで。ねぇ~、今こそ木村くんのそれこそ、デスメタルコントではないですけど、結構ね~ああいう~メタル系な~ヘビメタとかすごい好きでね~。そういう~メタル系のね~、聖地と言われている、Xとかもね~、デビュー前に、ライブやっていた~鹿鳴館。ライブハウスなんか昔、待機したことありますねぇ~。今の僕から言うととても想像つかないですよね~。う~ん。結構好きでしたよ~。洋楽で言うとMichael Schenkerとかね。なんかそれから~なんか、こう~David Bowieに目覚めてしまって~、うん~。なんか、テイストが変わってきたのかなぁ~。だ、ま、基本的にはロック畑というか、ねぇ~、やっぱりロック好きですよね。昔はロックばっかり聞いてたって感じですけども~。David Bowieとかなんか~今でも普通に聞いていますしね。うん~。そうですねぇ~、だから自分でも~、なんかパフォーマンスの中で~、そういった趣味があるので、ライブなんかでやってみたいなとは思いますね~。確かにブリティッシュロックとかいいですよね、うん~。まぁね、自分のソロつってもSMAPのコンサートの中のものなんでね、やっぱバランスとか、完全に自分がやりたいことができるわけではないので~。う~ん。あとはまぁホントに、メンバーとのデュオみたいなのも全然ありますからね。2人でやったり3人でやったりね。うん~、そういうのもあるので、なんか、ちょっと今までにないような、またちょっとね…変わったコンサートにできればなと思っていますので、ねぇ、まぁまたいつになるかわからないんですけど、皆さん楽しみに、ライブの方も、待っててください。
続いて、え~神奈川県にお住まいのナオミさんです。
『え~吾郎さんこんばんは!『さかさまの空』素敵な歌ですよね。『梅ちゃん先生』を見て、『さかさまの空』を聞いて爽やかに1日をスタートさせています。『梅ちゃん先生』には、小出恵介くんが出ていますよね。え~小出くんと言えばドラマで共演した時に、「母性本能がくすぐられる」と言っていました。その、佐々木夫妻のエキストラに参加した時には、え~小雪さんとずっと仲良くおしゃべりをしていましたね。え~吹石さんが、スマステに吹石一恵さんですね、吹石さんが、スマステにゲスト出演した時は、「吾郎さんから電話があって」と、吾郎さんの交友関係は謎だらけです。え~(笑)吾郎さんの交友関係を、ラジオでたっぷり、おしゃべりしてください!』
そうですねぇ~。確かに謎だらけですね。ま、でも~基本的にはドラマで共演した人とか~は意外と仲良くなることが多いですよね。うん~。ましてやっぱ3か月間連ドラをやるって言うのはもうホントに、同じ釜の飯を食う、ひとつ屋根の下で暮らすみたいな~、ホントに~一緒に同じ船に乗ってねぇ~、大変な旅をしていくわけですから~。すごく絆も深まりますよね。そうですねぇ~、小雪さん~とも、すごく仲良くなれましたし~、確かに~、仲良くずっと~おしゃべりしていって~、そういう記憶もありますねぇ~。で、小出くんもなんかすごく~年上の人に好かれるような、なんか甘さを持っているというか、少年っぽさと言うかね~なんだろ?すごい頭もいいですしね、小出くんってね~。僕すごい好きですね。吹石さんはね~、あれですね~、ドラマの~ドラマで共演した時に~、すんごい元気なんですよね。なんか~、ホントに~誰とでも壁を作らずに、グイグイグイグイ来る感じで。で、あの~『ゲゲゲの女房』(笑)の映画の時に~、『SmaSTATION』で、結構僕が酷評をしてしまったら、普通にリアルで怒られましたよね。ま、でもそいういうところもとってもストレートで、うん~、何か思ったことをわけ、わけ隔てなく、ストレートに発言できる吹石一恵さんはすごい素敵だな~と思って。ねぇ、僕も大好きな女優さんの1人なんですけど。うん~。ねぇ~まぁ吹石さん小出くんも~小雪さんもねぇ~、1度きりの共演なんでね~、またドラマとかで共演できたらな~と思っていますし。うん~、ま、僕も、ホントにいろんな人と仲良くなりたいな~という思いが多いんで。うん~、なんか、交友関係、広げていきたいな~と、思っていますね。
はい、え~ということで以上『SMAPな時間』でした~。

吾郎:続いては皆さんが考えてくれた新コーナーのアイディアをご紹介していきたいと思います。
まずは、ラジオネーム、イカリコさんからです。
『え~吾郎さんこんばんは。え~つよぽんと慎吾くんとやってるラジオで、『健康つよぽん』と言うコーナーがあります(笑)』
知らなかった!(笑)
『つよぽんが健康について熱く語っているコーナーなんですが、ストスマではそれに対抗して吾郎さんに、美容について語ってもらいたいです。女子力高い吾郎さんいろいろ教えてくださ~い!よろしくお願いしま~す。』
と言うお便りなんですが。面白いですね、『健康つよぽん』。「つよぽん」って響きがもういい、反則だよね~。結構市民権得てるよね、このフレーズもう。ファンの子の間だけじゃなくても「つよぽん」、って言うよね。後後輩の人とかに「つよぽんさん」とか言われてたよ。こないだ(笑)そうですね、『健康つよぽん』に対抗して美容、美容いいですね~、健康や美容には確かに僕も興味ありますし~。うん~、いいかもしれないですねぇ~。まぁ聞いてる方やっぱり女性が多いと思うのでねぇ~。ちょっとオネエ吾郎が、皆さんにね~その辺をちょっと情報を~ねぇ、提供していくことができればな~と、お勧めしていくことができればな~と思ったのでこれはぜひコーナーとして、1度やってみたいなと思いますね!
続いて、え~埼玉県の、キミリンさんですね~。
『吾郎ちゃんは綺麗な女性が大好きだから、意外といい女の子の瞬間を発表するコーナーはいかがですか?』
『意外といい女の子の瞬間』ねぇ~。う~ん……なるほどねぇ~。どっちかっていうとあれかな~?う~ん、よく年末にやっている『さんま×SMAPの美女と野獣スペシャル』みたいな、ああいうことなのかなぁ~?結構僕見てるんでね~。いろんなこと。車とか乗ってて~、横にね、こう2人乗りして、バイクで2人乗りしているカップルとか見ると、なんか~、男の人にすごいこう全身でしがみついて、なんか、ああいう姿、可愛いな~って。ちょっと格好悪いね、後ろにつかまってる姿がね、コアラみたいな感じでね。そこがまたまた可愛く見えたりってことがあってね。そういう~ちょっとした生活の中で発見した~、ねぇ、女の子の可愛いなって思ったりっていうそういう瞬間って言うの、うん~、これも面白いかもしれないですねぇ~。なんか逆にあの~、そういう瞬間を何か女の子同士で~、感じたものを送ってくれて~、僕がそのハガキを読むって言うの。ま、これも~ちょっといろいろと検討さしてもらいたいな~っていう風に…。
そして、広島県にお住まいのノリコさんです。
『新コーナー募集と言うことなので、私から提案します。それは、普段思っている、ありがとうの感謝の思いなど、なんだか照れくさくて心で思っていても言えない、日ごろの思いを、吾郎さんが代わりに、「誰誰さんから誰誰さんへ、あなたの思いを伝えます!」っていうコーナーは、いかがでしょうか?』
これちょっと前にやっていた、『忘文』っていう~番組みたいですね~。僕がやってた。いいですよ!これも。とっても。『忘文』もとってもいい番組だったんで~、なんかああいう~確かにね、なんかお手紙を、こう伝達するような、うん~役と言うか。ああいうのまたやってみたいな~っていう、感じもあるんでね~。この番組でできなくはないと思いますね!
はい!いろいろありましたけれども。ねぇ、さっそくちょっといろいろと、番組の中で使わせていただきたいな~と思っていますので楽しみにしててください!
以上、新コーナーのアイディアを紹介しました~。

吾郎:愛知県にお住まいのケイコさんからのリクエストメールです。
『吾郎さんこんばんは。今年のコンサート楽しみです。吾郎さんのソロはどんな感じの曲が選ばれるのでしょうか。演出も含め楽しみです!え、天使が出てきた時は、かわいらしかったから、前回のソロ『愛や恋や』をリクエストします。』
うん~。懐かしいですね~。ま、今年のコンサート、ねぇ、なんかいろいろと~皆さんからの、リクエストもあるんですけれども~。ソロの方もね、なんかいろいろと考えて、うん~、ちょっと最近はジャズっぽいものが多かったんでね、確かに。こないだも話に出ましたけど、ロックテイストのものとかね、バラードとか、そういったものが最近なかったので、ソロでもいろいろと考えて、ねぇ、皆さんに喜んでいただけるものを~パフォーマンスしたいなと思いますけれども。まず何よりも5人でやることがね、先決なので~、うん~、全体的にコンサートのどういう風に~作っていくのかっていうお話もね、そろそろメンバー同士で会議していかなきゃいけないかな~と、思ってるんで。コンサート、楽しみに、しててくださ~い。
それでは、え~リクエストの曲です!え~僕がソロで歌っておりま~す。『愛や恋や』です。

 ♪『愛や恋や』稲垣吾郎♪

吾郎:ケイコさんからのリクエストで、『愛や恋や』でした。

吾郎:続いては、『吾郎の自由時間』。僕の趣味の世界を覗いてください。え、ゴルフをはじめ、スポーツや健康の話題は『稲垣GOROHU倶楽部』、そして、ワインをはじめ食に関する話題は『稲垣ワイナリー』、読書や映画など文化的な話題は『56堂書店』。ということで、お便り届いておりま~す。
京都府にお住まいのシホナさんです。
『え~稲垣さんこんにちは。ゴルフに関する、質問です。素朴な質問なんですが、稲垣さんはゴルフ場に着いたらまず何をされるんですか?着替え?用具の準備?準備体操?全く想像もつきません。』
うん。ま、でもこれゴルフやらない人だったらイメージわかないよね。基本的には~、なんだろうな、ゴルフ場に着いて…ま、人それぞれいろいろ~うん~パターンはあると思うんですけど~、まず僕は朝ご飯を食べますね。結構ゴルフ場ってやっぱレストランも、すごく、こういう飲食にもすごい力を入れてますから~、その土地、土地美味しいものがそのゴルフ場にあったりとかして~、ゴルフ場名物のメニューで、あるぐらいですから~。うん~。結構朝ご飯は、しっかり食べますね、ゴルフ場では。それから~後~、ねぇ、そのゴルフを始める前に~、ちょっと練習したりはしますね。うん~。これ一般的にゴルフやられる方だったら、この両方は、あるんじゃないかな~。練習しないでやる人もいればね、うん~、いろいろといると思うんですけど。ま、ちょっと軽く~10分15分ぐらい練習してから~、コースに行くと、体もほぐれていいんじゃないかな~と思いますし。もちろんストレッチとか準備運動とかも、しますね。うん~。結構用意周到な方では、あると思いますねぇ~。う~ん。そうですねぇ~。そのくらいですかねぇ~。ま、でもゴルフ場で~、うん~、その~なんか~、コースに出る前の自分の中の日々のルーティーンみたいな、そういうのってすごく重要~っていうかね、ゴルフ自体がそう言うルーティーン大切にする、プレイの中でのルーティーンもそうですけど、生活の中のルーティーンっていうのも、すごく~、うん~、ゴルフに、影響が出てくるんでねぇ~。そう言うのをすごく大切に~僕はしていますけれども、はい~。

吾郎:『GORO’S MUSIC LIBRARY』。さぁ~、僕が曲を紹介するんですけれども、ねぇ、先ほどちょっとロックの話なんかもしていたんですけれども、ま、僕のホント洋楽の、ルーズとなった、David Bowieですね、これが~きっかけにね、なんか~こう洋楽をいろいろと聞くようになって、うん~、なんか自分もロックが好きになったり、こういったファッションに興味を持ったりっていう、すごく僕にとって影響を、の大きい、うん~、ホントに、神様のように思っているDavid Bowieなんですけれども~。ま、そんな中でね、David Bowie~で僕が1番最初に~、うん~、なんか、聞いて、すごいな~って思った、アルバムが『ジギー・スターダスト』なんですね。これをホントに~~有名なアルバムで~、ホントDavid Bowie初期の頃のアルバムなんですけれども~、1人の~ロックアーティストが宇宙から落ちてきて、地球でスターになって、で最後は『Rock'N'Roll Suicide』つって、その自殺しちゃうんですね、そのロックスターが。そういうなんか、とてもなんか~うん~変わった~ストーリー性のあるアルバムで~、David Bowieのファンの間ではね~やっぱり、人気のある、うん~「これなくしてDavid Bowieは語れない!」というような、アルバムなんですけれども、ま、この曲の中でね、僕の大好きな曲を1曲聞いてください。David Bowieで『ジギー・スターダスト』の中から、『Starman』

 ♪『Starman』David Bowie♪


吾郎:はい、え~我々SMAP新曲『さかさまの空』、ねぇ~、あの~発売中なんですけれども、オープニングであの~『Keep my love』っていうカップリングの曲も聞いていただいたと思うんですけれども~。ねぇ、これ~あの、まだ~パフォーマンスで~、ねぇ、テレビとかでは皆さんに披露していないと思うんですけれども。『さかさまの空』とは一風変わって結構これはなんか、なんだろ?なんか大人のラブバラードみたいな、SMAPとしては意外と珍しい、感じですね。だ、ライブなんかではすごく、雰囲気に合う、ちょっとバラードのコーナーとかでは絶対に、今年歌うんじゃないかな~と思うんですけれども。結構いい曲ですね~。歌がすっごい難しいんですけれどもねぇ~。なんかちょっとこういう色っぽいラブバラードって言うのも~、SMAP~、必要ですよねぇ~。ま、とってもいい曲なんでね、『さかさまの空』、同様、ね、好きになってもらいたいな~と思っています。
はい、え~ということで『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』では、たくさんのお便りお待ちしております。宛先は今お聞きの放送局、または郵便番号……(省略)……。お相手はSMAPの稲垣吾郎でした。それではまた来週~バイバ~イ。
2012-06-02(Sat)
 

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP 5月10日レポ

吾郎:こんばんは!SMAPの稲垣吾郎です。さぁ、ゴールデンウィークも、ねぇ、あっという間に終わってしまいましたけれども~。皆さんね、どのようにお過ごしでしたか?結構ね、雨が降ったりしてねぇ、なんかちょっと、「ゴールデンウィークなのに…」みたいな雰囲気もありましたけれども。え~僕~もですね、比較的のんびり~過ごすことができて~、そうですね、それこそ、友達とゴルフに行ったりとか~、まぁあと母親を誘ってゴルフの観戦にも行きましたね。うん~、茨城県で。え~っとプロの試合と言うかね、大会を観に行きまして。は~い、結構、楽しかったですギャラリーに混ざって。家に帰った後~あの~ビデオ、録画してんの見て、自分が映ってないか~とかチェックしながら、テレビ見ながらすごくもう~何十年も出てるのに、なんかちょっと映ってたら嬉しいな~とか(笑)思いながら(笑)キャップ某かぶってる自分が映ってたら面白いな~って思いながら見てたりとかはしたんですけど。ま、ゴールデンウィーク、なかなか、楽しめましたね。ま、ぁどちらかと言うと、ゴルフ、三昧と言う感じではあったんですけれども、はい~。皆さんは、どのような思い出を作りましたか?
さぁ、え~呟きメッセージをご紹介いたします。
埼玉県にお住まいの、ケイコさん。高校2年生の方です。
『え~吾郎ちゃんこんばんは。吾郎ちゃんはいつも敬語だけど、もう38歳で、リスナーも年下ばっかりなんだからそんなに敬語を使わなくてもいいんじゃないですか?敬語は壁を感じるから、ストスマではタメ口で喋ってみてはいかがですか?』
なるほど~。そんなことを言われるとは~思ってもいなかったですね~。…不思議なんだけど~、やっぱりこの仕事始めたのが~、結構若い、頃だから~、やっぱり年上のファンの方とかも多かったりとか~、やっぱりスタッフももちろん年上だし~。なんだろうな、いつまでも自分がこういう先輩~にいるとかさ、1人で全然年~を重ねてるって言う思いがなんか、あんまりないんですよね、不思議なことに。うん~。で、結構~私生活でも意外と年下にタメ口~ではなくて、意外と、あの、敬語まではいかないですけれどもねぇ~。う~ん、言葉づかいは…う~ん、気をつける方なんですけれども。確かに、壁を感じるって言う風に、とる人も~いるかもしれないですよねぇ~。まぁでも~、急には変えられないね~(笑)ちょいちょいちょいちょい挟んでいこうかなって、思っているよ。はい。
ということで、え~~『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』、今夜も30分、付き合ってね!

吾郎:それでは今週の1曲目。アイさんからのリクエストメールを…ご紹介するよ。おかしいでしょ、敬語じゃないと。はい。え~リクエストメール。
『吾郎さんこんばんは~。初めてメールします。『さかさまの空』いい曲ですね。毎朝仕事に行く前に聞いて、元気をもらっています。もちろん、え~ドライブ中も『さかさまの空』を聞いて、新曲を聞かない日はないぐらい、聞いちゃっています。ライブ今からとっても楽しみです。早くアルバム発売されないかなぁ~。』
と言うお便りです。はい~。ありがとうございます。そう~ですねぇ~。…結構~朝ドラを、ねぇ、習慣で観てる方って、多いと思うんですよね。僕も~わりかし早起きなんで。うん~。なんとなく8時頃起きてたりとか、ちょっとまぁ~7時8時頃起きたりすると。やっぱりねぇ~主題歌を歌ってるってこともあって、あの~朝ドラをつけることも多いんですけれども~。うん~、なんかすごい馴染んできましたよね。ドラマの~うん、内容や雰囲気にも合ってるし。うん~。朝聞くととてもすがすがしい気持ちになれるというか。1日もホントに、元気に過ごすこともできるなか、うん~朝ごはんのような、なんかそんな役割ができてるんじゃないかな~と、思うんですけれども。は~い。それでは聞いてください。SMAPで、『さかさまの空』

 ♪『さかさまの空』SMAP♪


吾郎:さぁ最初のコーナーでは『SMAPな時間』。このコーナーではですね、稲垣吾郎のえ~活動情報を中心に、え~SMAPの情報やメンバーの近況なども~皆さんに伝えていきたいと思います!え~まず、お便りですね~。
え~、お~すごいですね~。海を渡って韓国の!ミジョンさんからのお便りです。
『こんばんは!『スマスマコンプリートBOOK 月刊スマスマ新聞』楽しみにしています。ところが、第一弾は、ピンクなのに中居さんスペシャルなんですね。私の中ではピンクと言えば吾郎さんのイメージなのですが、実際吾郎さんはそう言うイメージカラーについての意識はありますか?ファンの中でも、他のメンバー、例えば木村さん、草なぎくん、香取くんのイメージカラーについて皆同じ意見なんですが~、え~吾郎さんと中居さんのイメージカラーだけは意見が分かれるんです。まぁ、吾郎さん本人はどっちでもいいと思うかもしれませんが、これが意外と、深刻な問題になる時もあります。』
というお便りなんですけれども。すごいですね~韓国の方からのお便り嬉しいですねぇ~。韓国でも、そういうことが~問題になってるんでしょうかね~イメージカラーについてねぇ~。う~ん。
で、あの~同じようなハガキがね、神奈川県のアヤさんからも届いています。
『え~最近少し気になっていることがあります。それはSMAPのイメージカラーなのですが、『夢がMOR MORI』の頃からのファンは、中居くんが青で吾郎さんがピンクと、認識しています。え~スマスマのシェフの色は吾郎さんが青ですが、他はピンクで統一されていたものが、ここのところ、中居くん=ピンク。え~吾郎さん=青で表示されることが多くなり違和感を感じています。』
うん~。なるほどね。ピンクか青ってことですよね。ま、ちなみに~他のメンバーで言うと多分木村くんは赤、ですよね。で、草なぎくんが~『夢がMORI MORI』の頃から、なんとなく、黄色って言うイメージ。香取くんが~ま、スマスマの緑ですよねぇ。ま、スマスマで言うと僕青ですけど~、確かに~夢MORIの時はピンクでしたねぇ~。う~ん。前にあの~『ガッチャマン』のコマーシャルやった時に~、ピンクだったんですよね!これは~…こないだ『がんばりますっ!!』、のテレビ朝日系列で、番組やった時に、これ皆さんもしかしたら見てないかもしれないんですけれども~、『がんばりますっ!!』~あの~スペシャル特番でやったんですけれど~、ドラマのように、毎回ポスターを作るんですね。その時も~、確か僕ね~、ピンクじゃなかったんですよね。中居くんがピンクだったんだよね。確か青だったのかな。なんかねぇ~、ちょっと詳しいこと覚えてないんですけれども、「あ、こっちではそうなんだ~」みたいなね、この~アヤさんやミジョンさんみたいな~疑問を感じたことも僕もあったんですけれども~その時に。『がんばりますっ!!』のポスターって…皆さん見ることができるんでしょうかねぇ~。…ねぇ、なんか…ちょっと、僕も~こう言われてみると確かに~、気になることでは、あるし。まぁどっちでもいいって言っちゃどっちでもいいんですけれども。う~ん。…ま、ちなみに僕の好きな色は~、グレーですね(笑)意外と地味な…ちょっと落ち着くんですね、チャコールグレーとか。まぁいろいろ話出ましたけれども~、ねぇ、まぁちょっと中居くんとこれは~話し合って、みようかなぁ~。ねぇ。ちょっとファンの間でも~これはちょっとね、いろいろ論議してもらいたいなと思うんで。またご意見聞かせてくださ~い。
ハイ、え~続いてですね~お便り。東京都のミランさんです。
『え~突然ですが、吾郎くんの声が大好きです。だから毎週ラジオで声が聞けてとっても幸せです。え~それに黒ビールが好きとか、マリウスくんに小さい頃会ったとか、テレビでは聞けない話をたくさんしてくれて、え~正直に、え~単独ラジオ万歳!と言う感じ、です!え、ところで吾郎くんは舞台の期間は、歌の時のえ~~声量がアップしているような気がするのですが、終わると元に戻っていませんか?ボイストレーニングの仕方が違うんですか?』
というお便りです。そうですねぇ~。あの~、ま、質問から答えると、この~舞台の時には~、歌ってる声量がアップしてるってこれは~、自分では心当たりないんですけれどもねぇ~。むしろ~、ちょっと抑えてる~、風かもしれないなぁ~。だ、舞台の時って、結構声質が変わってしまって~、ちょっと声が低くなってくるんですね。声帯が太くなってきて、高い声が出にくくなってるんで、逆にこう~太い、強い声が出てくるんですけど~。ちょっと高い声が出にくくなってしまうんで、僕の場合は。だ、歌はすごく歌い辛くなってくるんですよね。だからなんか逆に無意識のうちに声量をアップして、ま、言い方が変ですけど、ごまかしてるっていうのもあるのかなぁ~。だ、レコーディングがね、舞台の時にきたりすると結構大変なんですよね。う~ん。なんかこの間の舞台でいうと~、石川啄木の~舞台をやったんですけれども~、第一声目に~…あっ、「やぁ~!金田一さぁ~ん!」っていう風に言うセリフがあったんですけど~、この「やぁ~~!」っていう声が~、だんだん低くなってきた…するんですね。自分で気づくんですけど。「(かなり低めで)やぁ~~」ってなっちゃったりとか。う~ん、自分ではすごい気になるんですけど、あんまり人からは指摘されたことないんですけれどもねぇ~。う~ん。ま、でもホントに、結構声~の仕事なんでね、これラジオなんかもそうですけども。わりかし、ねぇ、ホントに気をつけてケアとかも~しなきゃな~と思って、うん~、やってるんですけども。ちなみに~、結構お勧めなのは、僕は~あれですね~。やっぱり~ショウガ、系~とかハチミツ系ですよねぇ~~。う~ん。あと舞台の~~ねぇ、大先輩方に~聞いたのが~、なんかガムを食べるといいと。なんでかっていうとガムを食べると勝手に唾液が出てくるじゃないですか。そうすると結構いいみたいで。ま、特に本番前に声出さなきゃいけない時とか、そういう風にやってるねぇ~、役者さんがいたりとか。それぞれのね、いろいろなこう~プロの~、ねぇ~、管理の仕方っていうのは、あるとは思うんですけれども。う~ん。ま、でもね、ちょっとホントに、声は大切に、していきたいなと思いますし。ねぇ、なるべく、ねぇ、皆さんが聞いていて、心地のいい声でこの番組を、すすめていけたらいいなと思っています。
はい、以上『SMAPな時間』でした。

吾郎:続いて、え~埼玉県にお住まいのナナミさんからのリクエストハガキです。
『吾郎さんこんばんは!私は『MIJ』収録曲の、『Flapper』が好きです。え~吾郎さんが好きそうな歌詞だしね。ぜひ、ストスマで流してください!』
うん~。気になるなぁ~この『吾郎さんが好きそうな歌詞』って。♪フラフラフラッパ~ってやつですよね?ちょっと色っぽい、なんか、ちょ男と女の艶っぽい感じを歌った、局ですよねぇ~少しエッチな。うん~。そうなんでしょうか、僕が好きそうな歌詞なのかな?でも好きですよ。結構なんかあの~、このコンサートの、ねぇ…印象が、すごい強くて。『Flapper』って何?『MIJ』ってことは結構前なんですね~。なんかつい最近ライブで歌ってるような~印象があるんですけど『MIJ』っていうともう8年くらい前ですもんねぇ~。う~ん。ま、でもこれその歌詞の内容に合ったような、女性ダンサーと絡んで、こう~ライブでパフォーマンスしていたような気がするんですけれども。
(BGM『Flapper』SMAP)
面白いですねぇ~。結構SMAPとしては珍しいようなタイプの曲なんですけれども、これを~、埼玉県の16歳のナナミちゃんが~、好きって言ってくれる感じが、ねぇ、いろんな人の趣味があって面白いなぁ~って、感じですけど。は~い。それでは聞いてください。SMAPで『Flapper』

 ♪『Flapper』SMAP♪

吾郎:ナナミさんからのリクエストで、『Flapper』でした。

吾郎:さぁ続いては、『キャッチボールジャニーズ』。すごい!なんだこれ!『キャッチボールSMAP』の進化系ですね~。大きく~行きましたね~。初めてメンバー以外の誰かからのキャッチボールなんですけども。いったい誰からどんな球が投げられてくるのでしょうか?『キャッチボールジャニーズ』です。
(BGM『Sexy Zone』Sexy Zone)
勝利くん:吾郎さんこんばんは。SexyZoneの佐藤勝利です!え~ドラマの時はホントにお世話になりました、ありがとうございました。えっと~質問が届いてます。
『吾郎さんはどんな先輩ですか?』
とのことですが、やっぱ初対面、初めて会った時は~、テレビの~中の~人、って感じがすごい強くて~、すごく、オーラが~あって~、会った時も、すごい緊張してたんですけど、だんだん、ドラマで一緒のシーンがある時に、え~ちょっと、少年っぽさがあるな~っていうのを、なんか、感じ取ったな~っていうのがありますね。大人っぽさがすごい、強いんですけど、ちょっとなんか、少年~的な、ちょっと遊び心が、ある、人だな~っていうのを感じましたね。
『吾郎さんにごちそうして貰いましたか?』
とのことです。ごちそう~は…してもらってないですね~、あの~スケジュールも…やっぱSMAPさんなんで、会わないですし。ごちそうはまだしてもらってないです。
『ドラマで共演して吾郎さんのここを見習いたいと思ったことは?』
キャラを~作るのがすごく~上手いですね、あの~。この~僕が共演した時も~、経営者と言うか、レストランの経営を担当する人だったんですけど、その人まんま、出してるなっていうのがやっぱ、キャラ作りが上手い人だな~って思いました。SMAPと、Sexy Zoneのコラボ~っていうのを、番組内で言ってくれてると思うんですけど~…バラエティー番組でスマスマやってるじゃないですか。その~スマスマのあの~ゲストというか、同じコーナーにださせてもらいたいなって言うのがやっぱり、ありますね。
せっかくなので最後に番組告知させてください。この4月から文化放送でSexy Zone初となる、ラジオレギュラー番組を担当しています。毎週木曜日の夜11時20分頃から、吾郎さんの『STOP THE SMAP』の後に放送されます。このままラジオを切らずに聞いていてください!お願いします!あの、それからリクエストは先月発売されたセカンドシングル、Sexy Zoneで『Ladyダイヤモンド』です。吾郎さん、よろしくお願いします!Sexy Zoneの佐藤勝利でした。

 ♪『Ladyダイヤモンド』Sexy Zone♪

(BGM『Ladyダイヤモンド』Sexy Zone)
吾郎:うん~~。嬉しいですね~。でもなんかちょっと~、もしかしてこれ番宣でしょうかね?(笑)『キャッチボールジャニーズ』といいながら(笑)さい最後しっかり自分の番組と~、曲の~宣伝をしてくれてましたけれども。う~ん、いやでもまぁ嬉しいですねぇ~。あんまりこういうことないですもんね。うん~。しかもね、これあの~、ねぇ、ま、話はいろいろあるんですけれども~。こないだSMAPが『ミュージックステーション』に出た時にSexy Zoneが一緒で、ねぇ~。その~質問をSexy ZoneからSMAPさんへの質問、っていう、トーク中言ってて。なんか木村くんが~どなたか、メンバーから質問されたんだよね。なんか、「今までで一番大変だった仕事はなんですか~?」みたいな。「『がんばりますっ!!』の~全力坂~大変そうでしたね~」みたいなの。最後に佐藤くんから~、の質問で、その~「今度ホントに食事ごちそうしてくれるんですか?」と、いう質問が、一応かく、あったんですね~。でも生放送なんで『ミュージックステーション』が~。ちょっとなんか~時間がなくて、僕のところまで順番が、僕と佐藤くんのところまで話が回ってこなかったんだよね。ここでたっぷり話したいなと思うんですけれどもね(笑)ま、でも『ミュージックステーション』でね、この~~佐藤くんとの話、したかったですよね、ホントにねぇ。多分僕の話がオチになってたと思うんだよね。メンバーの5人の中で。そこまでいかない間に終わってしまったという。ま、だから、ねぇ、近いうちというかホントに、行けたらいいですよねぇ~。いやぁ~でも~すごいですよね~。あといろいろと~ドラマの時の~こととか見ててくれたんですね~。うん~。『少年っぽさ』『少年っぽさ』って、連発してくれてましたけれどもねぇ~。…少年から少年っぽさって言われるのってなんか、ちょっと嬉しいですよね。なんかちょっとした快感がある、不思議な気持ちですけど。そしてSMAPとのコラボレーションもねぇ~、いいですよねぇ~。SMAPのメンバー皆照れ屋なんでね、意外と~後輩と、こう~(笑)なんか、そういうの結構~恥ずかしがったりするんですけども。うん~、逆にこのぐらい年が離れてたらいいんじゃないかな~って気もするので。まあね、なんかスマスマとか、いずれ、出てもらって共演って言うのもあるかもしれませんね。なんかホントに、もっともっとこう伸びて、大きなジャニーズを引っ張って行くような、ねぇ、そして人を魅了していくような~スーパーアイドルに、成長していってくれるんじゃないかなって、そんな気がしますけどね。頑張ってもらいたいなと思っています。
はい、え~ということで、はい、誰と、キャッチボールトークをしてほしいか、皆さんからのリクエストお待ちしております!たくさん集まったら担当のマネージャーさんに持っていけるかもしれないんでねぇ~。これ別に、あのジャニーズ誰でもいいですよ!うん~。僕とキャッチボールトークしてほしい、後輩~だったらね、引き受けるんじゃないかな~?先輩に言われてるからって感じで(笑)うん~、ま、でも先輩とのジャニーズキャッチボールトークもいいし。ちょっとこれ面白いかもしれないですね~。これからも続けていきたいな~と思うので、はい。
以上『キャッチボールジャニーズ』でした。

吾郎:それでは、『吾郎の自由時間』で~す。僕の趣味の世界を覗いてください!え~ゴルフを始め、スポーツや健康の話題は、『稲垣GOROHU倶楽部』、ワインを始め食に関する話題は『稲垣ワイナリー』、読書や映画などの文化的な話題は、『56堂書店』。ということで、え~お便りを紹介してみたいと思います!
愛知県にお住まいのエリコさんです。
『新コーナーの提案と言うわけではないのですが、吾郎さんが収録する時の、私服がどんな感じなのか教えてください。』
確かに私服ってあまり映らない、ですよね今。あの~衣装着てますからね。テレビ出る人って。私服で~の仕事って言うのは、DVDの特典映像の中の、会場入りする時とかね。あとリハーサル風景とかね。そう言う感じですよね。でもあんまり、うん~、普段テレビとかで~着るものとさほど変わりはない、ですね、やっぱり自分の好きなものをテレビでもスタイリストさんに借りて、着てたりするので~。テレビで着ないですけどね、ホントに僕~、フードの付いた~パーカーとか大好きなんですよね。だ、首のこう~~襟が高いものとか、首を隠したりするものとか、なんか、こう~安心感があるというかねぇ~。なんか好きなんですよねぇ~。ま、ちなみに今日は、ま、ボーダーのパーカーに、なんかすごくイージーパンツに白いスニーカーに、なんと白いキャップをかぶっていますね(笑)ンフフ(笑)白いキャップって…。ま、ちょっと毎回でもね、ちょっと、もし皆さんが興味あるんでしたら、ね、ちょこっと、ね、メニュー、見えないこうラジオの番組なんでね、そういう風に説明も、して、もいいのかな~と思いますけど、はい。
以上、『吾郎の自由時間』でした。

吾郎:さぁ、ということで、今週もあっと今にお別れの時間が~近づいてきたんですけれども。そう、さっきのね~私服の話で思い出したんですけど~、よく「私服がたま~に映る映像の中で~、必ず~サングラスをかけてますよね」って言われるんですけど~、そう、僕ね~結構サングラス、に度が入ってるんですよね。メガネ代りに結構サングラスしてることが多くて~。仕事以外では~結構メガネの方が多くて。なんか、コンタクト~あんまり得意じゃないんですよね。長時間入れてると結構逆に疲れてしまうので、普段は家ん中ではメガネしたりとかプライベートによって、うん~、ちょっとなんか~気取って、サングラスに度を入れたのをかけてる時もありますけど。はぁい。なんか完全にあの~芸能仁っぽくしてサングラスかけてるわけではないんですよね(笑)はぁい。
ということで『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』ではたくさんのお便りお待ちしておりま~す。宛先は、今お聞きの放送局、または、郵便番号……(省略)……お相手はSMAPの稲垣吾郎でした。それではまた来週、ばいば~い。
2012-05-26(Sat)
 
プロフィール

さくら

Author:さくら
SMAP大好き、吾郎ちゃん大好き!な、千葉県在住の大学生です。『STOP THE SMAP』のレポもやっています。
詳しいプロフィールは、1番最初の記事(『プロフィール』のカテゴリ)にて
*このブログに書かれている記事の無断転載はご遠慮ください。リンク等貼られる場合はご連絡お願いします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

生スマ記録
2009年6月16日→トークショーinららぽーとTOKYO-BAY(且行)
2010年2月16日→『TALK LIKE SINGING』(慎吾)
3月5,9,30日→『象』(吾郎)
7月27日→『ザ・ミュージックアワー』(SMAP)
8月4日→『笑っていいとも!』(吾郎)
  7日→『SOUND IN MY LIFE(ラジオ)』(慎吾)
28日,9月16日→『We are SMAP!ライブ2010』(SMAP)
10月14日→『流れ星』第一話試写&制作発表(吾郎)
11月2日,5日→『K2』(剛)
   5日→『笑っていいとも!』(剛)
2011年2月8日→『毎日映画コンクール表彰式』(吾郎)
5月9,12,16,17,19,31日→『ぼっちゃま』(吾郎)
6月16日→『SAMP×SMAP(ビストロ)』(SMAP) 10月7,14,20,25,30日→『泣き虫なまいき石川啄木』(吾郎)
  26日→『SMAP×SMAP(ビストロ)』(SMAP)
11月12日→『FuN×FaN PARTY 2011』(SMAP)
12月1日→『SMAP×SMAP(ビストロ)』(SMAP)   18日→『friends -フレンズ- もののけ島のナキ』舞台挨拶(慎吾)
  20日→『ゴロウ・デラックスSP』(吾郎)
2012年7月24日→『火曜曲!』(SMAP)
9月27,28,29,30日→『Gift of SMAPライブ2012』(SMAP)
10月11日→『SMAP×SMAP(ごりーぱみゅぱみゅ)』(吾郎)
10月30日→『火曜曲!』(中居&慎吾)
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。